FC2ブログ

From the sea in Numazu

静岡県沼津市にある小型艇マリーナ、沼津セイリングスポットの管理人が沼津の海の「季節の便り」をお届けします。

9/8(土)ヤブランが咲き始めました!!

NSS内 2~3日前より、ヤブランの Light blue の花が目立つように・・・・
10月まで綺麗な花が楽します(^^)/

【ヤブランMEMO】
ヤブランは、日本各地の林床などで普通に見られる常緑性の多年草です。ほぼ一年中同じ草姿を保ち、性質が強く、丈夫で手のかからない植物なので、古くから緑化や造園の植栽材料として広く利用されています。耐寒性と耐暑性が強く、日なたから日陰まで幅広い環境に適応し、病害虫の被害もほとんど見られず、土質もあまり選びません。

NSSフラワークラブ

DSCN2894.jpg
9/1(土)NSS内も秋の装い

赤紫色の花が、ところどころに
数か所に萩の木があって、秋を感じさせます

【ハギ(萩)MEMO】
秋の七草の一つであるハギは、『万葉集』に最も多く詠まれていることからも、古くから日本人に親しまれてきた植物だといえます。ハギの仲間は種類が多く、なかでも最も広く栽培されるのが、ミヤギノハギ(Lespedeza thunbergii)です。刈り込んでも枝を1m以上伸ばすほど生育おう盛です。枝垂れて、晩夏から秋にかけて、多数の赤紫色の花を咲かせるのが特徴です。

NSSフラワークラブ

IMG_2168.jpg
7/28(土)

■pawpaw
今年も結構なってます、大きな葉っぱがまた南国らしくて好きなのです

ポポー、ポーポー(pawpaw)は、別名、アケビガキとも呼び果実の形がアケビに似ています。独特の熱帯フルーツ風味の香りがあり果肉はバター質でねっとり、甘味が強く柿とバナナを混ぜたような味がします。その特徴から「森のカスタードクリーム」とも呼ばれています。1945年頃ポポーは一般的な果物だったのですが、他の果物に比べて熟すスピードが早く日持ちしないため、現在日本では取り扱う農家がほとんどなく「幻のフルーツ」となっています。豊富な栄養とアミノバランスに優れており、アメリカでは美容食としても人気があるそうです。花も葉も美しく秋には紅葉も楽しめてるので庭木としても魅力的です。

DSCN2657.jpg

■blueberry
言わずと知れたブルーベリー
意外にたくさんなってくれて、朝食ヨーグルトのお伴になってくれています。
いまはまだ赤いのですが、黒くなってくるときが食べごろ、野鳥との戦いです。

NSSフラワークラブ

DSCN2659.jpg

7/8(日)海浜植物 ハマゴウ

ビーチをお散歩するとよいことにも出くわしたりします
7~8月は海浜植物のハマゴウが見頃

【ハマゴウMEMO】
草のように見えるが、本当は木である。 名前は、浜をはうという意味らしい葉をお風呂に入れるといい香りがする。 葉は対生し、長さ2~5センチ.。平安時代の文献「延喜式」「本草和名」では蔓荊子(はまはふ)波万波比(はまはひ)など 茎が砂の上を這う意味の浜這いであった。その後、実、葉、茎に精油分を含み芳香があることが わかり葉や樹皮からお香や線香が作られた。 浜辺の香りの植物であることから(ハマゴウ)。

NSSフラワークラブ

DSCN2637.jpg
Agapanthus(アガパンサス)

NSSのアガパンサスも咲きました!!

別名:ムラサキクンシラン
原産地:南アフリカ
草丈:70cm~1.5m
開花期:6~9月

地際から光沢のある細長い葉を何枚も出し、その間から花茎を長く伸ばして、先端に数十輪の花を放射状に咲かせます。
清涼感のあるブルーの花 梅雨空をさわやかに咲きます

NSSフラワークラブ

IMG_2076.jpg