From the sea in Numazu

静岡県沼津市にある小型艇マリーナ、沼津セイリングスポットの管理人が沼津の海の「季節の便り」をお届けします。


5/26(日)にカヤックフィッシングのKさんが、45cmのワニゴチを釣ってきました。
前回のマゴチ同様、泳がせ釣りです。
ワニゴチというだけあって顔が怖いですね。
しかし、美味だったとのこと。
薄造りでポン酢、アラはちり鍋とフグ料理っぽく食べたそうです。


風力3m/s 

見てください。

なかなかいい乗りっぷりになってきました!!
とても7ヶ月で、いや冬のお休みの期間もありましたので、実質3ヶ月で、こんなじょうずになるとは、、、、、、、

ちょうどいい風、アビームで淡島方面にスイスイスイ

昨年の10月ぐらいに、ヨットをはじめたい ということでNSSに来ていただいたKさん。
応対にあたったうちの相談役に、「ヨット やめた方がいいよ。」といわれたましたが、あきらめませんでした。
何名か、ヨットを挫折した方々を存じていましたので、おそらくそんな失礼な言葉になったんだと思います。
いわば、相談役はその思いを確認させていただいたのだと思います。(相談役に聞いたところです)

その後、ロイヤルヨットクラブ(RYC)のメンバーにいろいろ指導を受け、ボルボレーザーも購入でき、
いまや、日曜日の顔的存在に、、
ほんとにすばらしい上達ぶり

ちょうどいい風、アビームで淡島方面にスイスイスイスイ

でも、あまり遠くいきますとまだ危険すよ、
風向き変わったら、アビームスイスイじゃなくて、強風ランニング沈沈沈沈沈沈沈-----になる可能性もありますので注意してください。
実は、相談役の言った意味がそこにかくされているのです。
あまり、慎重になりすぎても上達しにくいし、少し冒険心がないとという微妙なところです。
でも、十分 気をつけてくださいね。仲間のいる海域で走るのが一番安心です。

これから、季節的にも、テクニック的にも、すごく気持ちよく、面白くなっていく時期だと思います。
青い海に、青い空、白い船跡、海の生物たちとの出会い、気持ちいいっすよね~。



P5260011-w480.jpg
タイラバで、でっかいタイを釣り上げる夢をみて、約1年。
タイラバ、反応なし、反応なし、反応なし、反応なし、、なかなか釣れずで、ついついエサづりに、、、、、
そんなこんなでエサづりに、、、、、、、、
タイラバ、いったいどんな感じで釣れるのか???
こんなもんに、お魚の王者タイさんは、本当に食いつくのか????

きょう、NSSメンバーに教えられたポイントで、エサ釣りの合間に、期待感なく、時間つぶしに、しょうもなく投げてみます。 1投目、2投目、3投目、4投目、グイグイ

とうとうキター!!
でも、頭の中で妄想 描いていた引き具合より、あきらかに弱い、弱すぎる。
グイグイグイ、慎重に、、、、
でも、このグイグイ自体 妄想なのかもしれない。結構 病んでたから、、、、、、、、
マキマキマキマキ--------

なんじゃこれは!!

細長~い茶色のボディー、魚体にあきらかに似合わないでかい口、、、、すなわちエソ。
しっかりタイラバに食いついとる。
じゃじゃーん タイラバで、初獲物!!

エライなこのエソ、救世主だなこのエソ、エソラバになっちゃたけど、、
これで、タイラバには魚が食いつくという確証を得られたわけで、モヤモヤが少し解消されました。

エソは、元気よく逃げたさそうでしたので海中におもどりいただきました。
エソに元気をもらったよい一日でした。


P5260007-w480.jpg
世代交代のお知らせ
いままで、NSSメンバーの重いボート、ヨットの砂浜からの引き上げをお助けしてきた巻上げモーターがとうとう調子がわるくなってしましました。

パワー不足、油ポタポタ、古い機械ですのでいたしかたないところです。
巻き上げモーターは、富士ロビン社製です。(現在は㈱マキタ沼津)
NSSに来る前は、西浦方面の山斜面のみかん運搬用のケーブルカーのモーターとして元気にはたらいていたみたいです。
その後は、NSSに来てくれて、十数年がんばってきてくれました。
私は愛着をもってロビンちゃんと呼んでいました。

ロビンちゃん、みんなのボートを引き上げてきてくれて、どうもありがとう!!

P5260040-w480.jpg

そして、今度の新モーターは、真っ赤なボディーのスリーダイアモンド三菱製です。
ミラクルスタートとかでっかいシール貼ってあるわりには、スタートがかかりにくいツワモノです。
このモーターの特徴は、なんといっても カメさんモード と ウサギさんモード があること、カメさんモードはゆっくり引き上げ、ウサギさんモードは、スピーディーに巻き上げます。
ボディー横には、カメさんマークとウサギさんマークがしっかり刻印されています。

ついては、このモーター、勝手ではありますが「カメちゃん」と命名することにします。
「ロビンちゃん」から「カメちゃん」へのバトンタッチです。
今後は「カメちゃん」とKさんペアで、がんばって皆さんのボートを引き上げますのでどうぞよろしくお願いします!

P5260038-w480.jpg


ディンギー最速 MACH2モス 
今日はいまいち風が弱くて飛べませ~ん。

いつもは早すぎてカメラのシャタースピードが追いついていけず良い写真がとれませんが、きょうは低速運転中後ろからバシャリ。 

全長3.3m以内、全幅2.25m以内、セール面積8㎡以内のクラスルール大原則以外、早く走らせるためには何やってもいいという掟(おきて)破りの高速艇です。(ビルダー、自作問わず)
ここ数年間はマコナギー社製のこのMACH2が世界選手権、全日本選手権を独占しているという曰くつきの船。

もう少し風が強くなると船は上昇しつつ、水面下に隠れた2枚のウイングキールで船体を持ち上げて水中翼船状態で音なしでカッ飛んで行きます。普通のヨットが2次元的なのに対して、これは3次元の自分空間を楽しめます。

トロトロ走るのが嫌いな方、俺は俺の道を行く的な方、手先が器用な方、やり始め何十回沈しても決してめげない方、おすすめです。

NSSには、5人のモス乗りがいらっしゃいますので、指導頼めます!!

P5260035-w480.jpg
Kさん 久々の登場です。
おうちのお仕事が忙しくでなかなか来れず大変ですが、みんな待ってますので、
ヨットの操り方、風の扱い方、すごく美しいの一言。
自然体のしなやかな動きいつもマネしたいと思いジーと観察させていただいてます。

P5260017-w480.jpg

Wさん こちらも久々の登場です。
オーナーであるクルーザーがお忙しいですが、Wさん来てもらうとみんな盛り上がります。
ムダのないハイクアウト、そしてキープフラット、Kさんとはまた違ったすばやい身のこなし
こちらも、ジーと観察です。

P5260026-w480.jpg
5/26(日)晴れ 朝のうち風なし
フィッシングチーム出艇数6

今日は、Hさん親子船とポイントめぐりです。
東の長井崎から始まり、6ポイントを駆け足でめぐりました。

小粒のアジが少々、あとカサゴ、
でも、カサゴはタイラバの隠し技で釣ったので、なかなかの技ありでしたよね。Hさん。

案内させていただいた私も、本格的にボート釣りはじめて2年の初心者でしたが、行く先々でNSSメンバーからあそこ釣れるよ。とか、ここポイントだよ。とか、いろいろご指導いただきました。
やっぱNSSフィッシングチーム、チームワークいいわ!!さすが、、いい人ばっか!!

ポイントって、探し当てるのに、結構 地道な活動して探し当てていくもんなんですよね。
それは、そういばらの道です。
例えば、釣れてるおじさまを遠目で見つつ(関心がないふりしちゃって)、おじさまがいなくなったら、そこで実際に釣ってみちゃうとか。何となく釣れてそうな場所に何日かかよって確証を得るとか、何食わぬ顔して、見知らぬ船団に紛れ込んじゃうとか、いわば、汗と涙の結晶なんです。

NSSフィッシングチームは、とてもフレンドリーなよいチームです。
釣りも楽しいですが、メンバーとの談笑も最高!!

P5260002-w480.jpg

Tパパ
P5260004-w480.jpg
Kさんチーム
P5260010-w480.jpg
Mさん&Nさん
P5260003-w480.jpg
今日は未知丸さんとうみかぜさんが同乗して最寄のポイントにオオサバとオオアジ狙いで早朝に出港しました。最初にオオサバが当たり、続いて期待通りのオオアジが当たりました。いづれも非常に美味で嬉しい釣果でです。更にハタ小鯵と続いて順調で、久しぶりの出漁に満足です。

IMG_8093-w480.jpg
いつもと違うポイントで、射止めてきたということで、嬉しさもひとしおでしょう。
やっぱ、いるですね、こんなでかいのが、、、
やったね!!

大将丸さんの釣果
真鯛62cm
イトヨリ40cm
IMG_8044.jpg
Aさんの釣果
真鯛65cm
真鯛45cm
ホウボウ50cm
IMG_8046.jpg

IMG_8047.jpg
近づいてきたYさんに「どうでしたー?」といつも通りに声をかけると
『えっと。鯛とヒラメ』
えぇーあの悪天候の中で???

その後、NSSに戻り釣果を見せてもらいました。




満面の笑顔ですね。あの悪天候の中・・・さすがです!
他の釣果としては、利丸セブンさんが、安定のイトヨリ数匹。
あとの面々は・・・書かないでおきましょう(^^;)