FC2ブログ

From the sea in Numazu

静岡県沼津市にある小型艇マリーナ、沼津セイリングスポットの管理人が沼津の海の「季節の便り」をお届けします。

10/26((土)SUP training

加藤様、只今 順調に上達中!!
波風のある海面をボードで移動するにはバランスが重要
バランスをとること・・・・すなわち体感は知らず知らず鍛えれてていく・・・これがSUPの良いところです(^^♪

そして、海のきれいな景色を見ながらだから、2時間ぐらいはすぐです
そして、気分もリフレッシュ

今日はサーフィンスタンスを覚えられたということ、・・・いよいよサーフデビュー

NSS SUPクラブ

1572047734815.jpg
10/23(水) もう肩が痛くなりました!!

ケンマリーン S様

マリーナ到着後の第一声は、「もう肩が痛くなりました!!
クラーの中は、画像の他にも鯵でいっぱい
ロッドの上げ下げだけでもかなりの回数・・・・・なんと羨ましい(^^♪

カンパチ、イナダを中心に鯖、鯵で大漁・・・・・・Congratulations!

NSSボートクラブ


1571799895438.jpg
10/26((土)レンタルボート釣果

レンタルボート2PS 佐野様・山本様

水深50M、魚探に反応あり・・・・・・・“become strained ”

DSCN3667.jpg

<本日釣果>
イトヨリ・・・・・big size!!
ハタ×2

NSSレンタルボートクラブ

1572059751919.jpg
10/26(日)with nature!!

透明感のある空、淡いピンク色の雲
Nice view 奥駿河湾

NSS Pictures


1572037061026.jpg
10/20(日)Rare fish・・・・・・タマガシラ

ハタ、カンパチ、タマガシラ・・・・・・Congratulations!


【タマガシラMEMO】
英名:Monocle-bream
体長20cm前後になる。側扁(左右に平たい)し体側に4本の赤い横縞がある。
沿岸からやや沖合いの岩礁域や砂泥底、砂礫底などに生息していて、小さな群れで生活している。
多くは水深60~100m辺りで見られ、小魚や甲殻類、ワーム類などを食べる。
水深200n辺りでも見られ、大きいものでは30cmを超えるとも言われている。

NSSボートクラブ

1571533417872.jpg




10/20(日)Rare fish・・・・オキアジ

真鯛、イナダ、オキアジ、カマス・・・・・・・Congratulations!

【オキアジMEMO】
英名:Whitetongue jack
沖合の底周辺。
主に西日本で流通する。関東でも相模湾などで揚がるが少なく、あまり馴染みがない。ずば抜けて味がいいので重宝されている。

NSSボートクラブ


1571533528156.jpg
10/20(日)レンタルボート釣果

2PS ボート  鷲尾様、辻様

黒鯛 etc・・・・・・・・・Congratulations!

【黒鯛MEMO】
英名:Blackhead seabream
50cm前後になる。側変して全体に銀黒色。若い個体は横縞が目立つ。

NSSレンタルボートクラブ

1571540163581.jpg
10/20(日)鯵釣りは楽しい!!

Y13 Kさん

イケスには、瀬付きの鯵がいっぱい
キアジと呼ばれ、体色が明るく黄色 黄金色っぽい色をしています。
また、体高がとても高い、回遊をあまりしない定着型

やっぱり、キアジは美味しい!!

NSSボートクラブ


1571535788946.jpg
10/20(日)レンタルボート釣果

2PSボート  間宮様

イナダ×2、鯵×2、カイワリ・・・・・Congratulations!

【イナダMEMO】
英名:Japanese amberjack

釣り方
ワカシはアミコマセと魚皮などのサビキを組み合わせ、イナダやワラサ、ブリはアミやオキアミのコマセ釣りで攻めることが多い。このほかイナダのカッタクリ、小アジの泳がせ釣りで狙うワラサ、メジロのウキ流し、ヤリイカ餌のイカブリなど多彩な釣り方がある。また曳き縄やトローリング、ルアーフィッシングなども盛んに行われている。
DAIWA釣魚図鑑より


1571540085822.jpg
10/20(日)レンタルボート釣果

2馬力ボート 真田様

真鯛×2、イトヨリ×2・・・・・・・・Congratulations!

【マダイMEMO】
英名:Red sea-bream
水深30~150mの潮通しのいい海域で、砂礫と岩礁が混じったような場所に好んで生息する。最大では10kgを越えるが、通常のサイズは1~2kgくらいである。古くから全国的に様々な釣り方が開発されていたが、基本的には生きたエビを餌にしたもので、オモリのついたテンヤバリとかカブラバリという独特のハリを使う。このハリにエビを付け、所定のタナでハリを上下にシャクルと、エビが逃げまどうように見え、タイが食いついてくるのである。テンヤによるシャクリは正確なタナを取る必要があり、初心者には比較的むずかしい。
DAIWA釣魚図鑑より



NSSレンタルボートクラブ

1571540236897.jpg